室内物干しPIDの取り付け位置を考察

室内物干しとして優秀なPIDですが

今回は、設置場所を考察してみたいと思います

生活スタイルにあった設置をされてみては

いかがでしょうか

 

 

森田アルミ工業 制作 PID4M

設置位置とシチュエーション

洗面所 洗濯場

雨の日など洗った洗濯物を

そのまま洗濯機の近くでも干せるのは

とても楽ちんです

洗濯物を運ぶ必要がなく

洗濯機からそのまま干せます

使わない場合はワイヤーを戻しておけます

また浴室が隣り合っていて

乾燥機などが付いていれば

浴室の扉を開放し

乾燥室としても使えそうです

 

廊下

 

生活空間では無いため

いざという時の

室内干し場所としては

有効に使えそうです

洗濯場からベランダまでの

動線上にあれば効率が良いでしょう

 

陽のあたる窓の近く

 

太陽は出てるのに

長時間外出しなければいけない場合など

陽のあたる窓の近くならば

遅い時間に帰ってきても

洗濯物が湿気ってしまうのを

防いでくれそうです

 

空調設備の近く

 

冬場の暖房など

室内の乾燥を防ぐためにも役立つそうです

まだ使ってない部屋があれば

乾燥室としてエアコンだけを付け

洗濯物を並べても良いかもしれません

 

玄関

 

寒い季節、上着を掛けておくのにも

使えそうです

季節が暑くなったらワイヤーを戻しておけば

使わない時もスッキリします

 

まとめ

 

他にもアイデア次第で

様々な場所で使えそうです。

間取りやスタイルに合わせて

設置してみてはいかがでしょうか

 

私が思いついた

物干し以外のPIDを使ったアイデアは

こちらをご覧下さい。

 

室内物干し以外のPIDを使ったアイデア

 

 

P R

❖ ELECTLOHAS 

紹介ページへアクセス