外観を保ったままアンテナを設置する方法

新築時のアンテナ設置

 

新築をされる場合外観には皆さん こだわるかと思われます

せっかくのお家外からアンテナが見えてしまっては

もったいない

 

条件が必要ですが 外観を保ったままアンテナを

設置する方法をご紹介します

屋根裏へのアンテナ設置

設置条件

計画段階中である

 

施工前であることが条件ですテレビの配線を集める場所または

入力配線のための 配置の設定が先に必要です

 

また2階部分の点検口の位置など決めておく必要があります

 

 

外壁がモルタルやコンクリートではない

 

 

地上波デジタル放送は構造物の貫通力が高いのですが

モルタルやコンクリートの中に含まれる鉄筋や

金属製のメッシュの影響を受け

電波が届かない場合があります

 

 

屋根裏に有効なスペースがある

 

 

成人の男性が四つん這いになり入れる程度の高さがあれば設置できます

点検口の位置も重要です

 

 

高い技術者に依頼できる

 

 

電波が弱い場合の対処法として様々な方法がありますが

地上波デジタルの電波を詳しく知っている技術者が必要です

 

 

後からブースター設置などの 追加予算を見れる

 

 

電波が弱い場合設備の増加などが考えられるため

追加予算を見ておく必要があります

 

 

地上波デジタルの電波が強い場所

 

屋根や外壁材に遮られてしまうため

もともと地上波デジタルの電波が強い場所であることが大切です

 

 

アンテナ屋根裏設置のまとめ

 

 

屋根裏にアンテナを設置出来れば見栄えもよく

ランニングコストもかからないのでおすすめです

 

しかし 設置には 事前の調査など準備が必要です

関東圏では追加でブースターなどを設置すれば

大体50%ぐらいは 設置可能と思われます

 

P R

❖ ELECTLOHAS 

紹介ページへアクセス